ブログトップ

13金生まれの音楽メモ帳。

nonpy13.exblog.jp

13.01.26 TRICERATOPS 12-Bar“13”@中野サンプラザ

TRICERATOPS 12-Bar“13”

出演:TRICERATOPS
ゲスト:KAN,山崎まさとし,吉井和哉
シークレットゲスト:小田和正


公式サイト
おとといミーティング 連載・トライセラトップス

REPORT/画像あり
01.26 up/TRICERATOPS @ 中野サンプラザ ゲスト:KAN、山崎まさよし、吉井和哉 邦楽ライヴレポート RO69
01.28 up/TRICERATOPS 【ライブレポート】TRICERATOPS、豪華ゲストを迎え<TRICERATOPS 12-Bar“13”>開催 - BARKSニュース
01.28 up/TRICERATOPS“12-Bar”にKAN、山崎まさよし、吉井和哉、そしてまさかの小田和正が登場(エキサイトミュージック) - エキサイトニュース
01.28 up/TRICERATOPS 12-Bar”13”開催! ピックアップ! EMTG MUSIC
02.08 up/「連載・おとといミーティング」の集大成イベントが中野サンプラザで開催! ライブレポート EMTG MUSIC

BLOG
01.27 up/TRICERATOPSのライヴに4人の豪華ゲストが! - ROCKIN'ON JAPAN 編集部日記 (2013-01-27) ブログ RO69

スタッフ BLOG/画像あり
01.28 up/TRICERATOPS 12-Bar 13 - 明け方の更新 - Yahoo!ブログ
01.28 up/12-Bar13 中野サンプラザ公演 - お-もりくん(似顔絵画.和田唱)のブログ - Yahoo!ブログ

FCチケットが届き、開封前は毎度のように予想。
7列目くらいかなぁ…
お、3列目!
あ、サンプラザはオケピがあったよなぁ…(座席をチェック)
やっぱりね、4列ある…
7列目どんぴしゃやん!
表情がギリわかる距離プラスやや下手だったので
ゲストを交えた4ショットが観やすくて大満足な位置からの参戦。

サンプラザへ行ったのは意外と少なくて3回目。
最初はチェッカーズで昔のチケットを引っ張り出してみたら
今回の2列後ろのもうちょい下手だった。
斜めの正面向きになっている座席で見やすかったのをよく覚えている。
その前迄は西武球場(勿論野外の頃)と武道館でしか観たことが
なかったので近すぎて新鮮だったなぁ。
2回目はザ・クロマニヨンズ。
あれは1階30列目だったから…(以下省略;)

セトリを交えて感想を。

セットリスト(詳細)/13.01.26 TRICERATOPS 12-Bar“13”@中野サンプラザ セットリスト 13金生まれの音楽メモ帳。
01.LOVE IS LIVE
02.Ace
03.2020
04.オレンジライター

最近のセトリの比較的定番曲で掴みはOK。

05.Happy Saddy Mountain(Vo.&Key.KAN)
06.世界で一番好きな人(Vo.&Key.KAN/オリジナル:KAN)

トップバッターは<vol.02:11.05.19>で競演したKANさん。
これはもう各レポの画像を是非チェックして下さい!
あの姿を最初に焼き付けた時の衝撃は二度と忘れない。
KANさんの大きな羽で「観客が全く見えない」と吉田さん。
上にも書いたけど前方のやや下手だったので
大笑いしている姿がよく見えたなぁ。
当然そのままの姿で淡々とこなし曲終わりには踊り子の如く
手を広げ腰を振り羽を振るわせサービスをするKANさん。
なんて素敵な人なのだろう(笑)

07.シラフの月(G.山崎まさよし)
08.セロリ(Vo.&G.山崎まさよし/オリジナル:山崎まさよし)

2番手は<vol.04:11.09.21>で競演した山崎まさとしさん。
ギターに専念した「シラフの月」は圧巻!
今回のイベントで一番楽しみにしていたのは何と言っても
和田唱とのギターバトルだったのでゾクゾクした。
まさやんはライブが控えているという事で1曲のみで退場。
不思議とブーイングらしきものは起こらず3人のMCが始まると
何故か物真似合戦になり(今思うと完璧な作戦・笑)
爆風スランプの「Runner」を血管が切れそうな勢いで熱唱する林くんに
負けじと「セロリ」を歌い出す和田唱。
上手い…上手過ぎる…似過ぎている…
ライブに向かったはずのまさやんがマイク片手に登場!ヤラレタ。
間奏の早口ラップを披露したのは林くん。1度も噛まなかったっけ。

09.I GO WILD(Vo.吉井和哉)
10.球根(Vo.吉井和哉/オリジナル:THE YELLOW MONKEY)

トリ(のはずだった…)は<vol.09:12.04.12>で競演した吉井和哉さん。
2人は紹介されてからの登場だったのに吉井さんはいつの間にか
袖にひょっこり現れていて「わ、いた!」と思わず叫んでしまった。
吉井さんはVo.に専念。割とポップな「I GO WILD」が意外と嵌っていた。
ツアーメンバーでもある吉田さんを「帽子なんて被っちゃって。
(本来のTRICERATOPSに戻ったことが)嬉しそうだね。
ジェラシーを感じるわ。」とからかっていた。
初めて生で聞いた「球根」はシビレタ。

11.瞳はダイヤモンド(宿題曲/オリジナル:松田聖子)
12.イケナイコトカイ(宿題曲/オリジナル:岡村靖幸)

アップテンポの「瞳はダイヤモンド」は新鮮。
「イケナイコトカイ」はほど良くエロくて○(笑)

13.Fever(Vo.&G.小田和正)
14.ラブ・ストーリーは突然に


宿題曲を終えゆったりモードの中MCへ流れる。
林くんが「言葉にできない」とポツリ。(これも完璧な作戦・笑)
それを受けオフコースのその曲を演奏。一息ついて
アコVer.でも迫力のあるリフがカッコいい「Fever」が始まる。
1コーラス終わった所でスタッフさんが椅子を運ぶ姿が見えた。
「え?シークレットゲスト?」
ふと袖を見ると見覚えのあるアーティストの姿が…
KANさんの衣装とは全く違うタイプの衝撃に
「小田さん!!!うっそー!!!」
と心の底から叫んでしまった;
メインを交互に歌い、小田さんが即興的にハモッた
それはそれはもう素敵な「Fever」だった。
「ラブ・ストーリーは突然に」では恒例の観客間を駆け抜けた小田さん。
歌声も辛口トークも(笑)永遠の魅力だなぁ。
小田さんがはけた後の和田唱の喜びっぷりがカワイラシカッター。

15.ふたつの窓(新曲)
16.あのねbaby
17.ロケットに乗って
EC
18.恋のバッド・チューニング(宿題曲/オリジナル:沢田研二)
19.Any Day

宿題曲以外はほぼ定番曲。
「Any Day」での〆のライブを観たのは2~3度目かな?
ワーッと盛り上がる曲も勿論良いけれど
こういうゆったりふんわりで終わるのは実に乙。

終演後のTwitterでの盛り上がりが物語っていた通り
メンバーの日頃からの努力と演奏力と歌声と
スタッフの愛が終結した最高のイベントだったと思う。

TRICERATOPSに本格的に嵌ったのは和田唱がDJをしていたラジオでの
3人の即興セッションが切っ掛けだったので今回はそれを集結したものを
見せつけられた気がする。
これだからTRICERATOPSのファンはヤメラレナイ!

チケット:1階3列(7列目)1●番
位置:やや下手

f0011613_14573741.jpg


f0011613_1458927.jpg


f0011613_14582618.jpg


f0011613_14585717.jpg


f0011613_14591412.jpg


[PR]
by nonpy13 | 2013-02-08 22:13 | REPORT
<< 13.02.17 地球三兄弟@... 13.01.13 THE CO... >>