人気ブログランキング |
ブログトップ

13金生まれの音楽メモ帳。

nonpy13.exblog.jp

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

06.02 OA 和田唱 RADIO

InterFM
RADIO LICKS 
毎週水曜 2:00~3:00

03.01のテーマ「(リスナーにテーマを募集)」

02.22のテーマ「(スタジオライブ/リクエスト特集)」
・ラズベリー「踊ろうよ」が「取ろうよ」に聞こえたファンが多かったとのこと?
・「トランスフォーマー」フルコーラスOA
「今の俺達」という感じとのこと
・レスポール氏が入院中とのこと…無事回復しますように
・「WARP」は来週OA←勿体つけますよ、と含笑
(以下リクエストに答えてのスタジオライブ)
・初かもの「スタンド・バイ・ミー」
・ストーンズ、ポール、ビートルズ
・リクエストはビートルズが多かったとのことで数曲披露
・マイケルの「ベン」
・セーターがビチョビチョになるほど汗をかきつつの演奏
・トライセラの「New Lover」「CAROUSEL」
「何気ないSUNDAY」「BE」「ラストバラード」

02.15のテーマ 「(BACK STAGE LICKS)」
・オープニングジングルは「The Captain 」のまま
・スーパーボウルのハーフタイムがストーンズで興奮
・トラックダウン風景を隠し撮りOA
・デビュー当時はマスタリングは眠くなる作業だったらしい
・マスタリング前の音源の「トランスフォーマー」1コーラスOA
・オフィで紹介されていたリフ満載、疾走感という言葉ピッタリ
・早ければ来週フルでかけるとのこと
・マスタリング前の音源の「WARP」1コーラスOA
・前回のツアーとは詞もイントロも変わってた
・トラックダウンの息抜きにスティービーワンダーともう1曲をグランドピアノで演奏
・タワレコビニール袋を愛用
・元カノとヨリを戻したい男性への熱いアドバイス
・できるかな?できるかな?を口ずさむ
・「マスカラ&マスカラス」を軽く弾き語り
・眉間が乾燥するから保湿をしてるとのこと

02.08のテーマ 「バレンタイン」
・ニューシングルのレコーディング終了
・来週か再来週には↑をオープニングジングルに変更予定
・中1~2の時の切ないバレンタインエピソードを披露
・チョコは好きだけどウイスキーボンボンは嫌いとのこと
・プリティーウーマン、ラビングユー、君の瞳に恋してるを弾き語り
・ジョージハリスンの曲を選曲
・野宮真貴へ楽曲提供した「You Are My Star」を選曲
・ifを弾き語り
・来週はレコーディングのバックステージを中心にOAするのでテーマはなし
・ニューシングルのタイトル発表
(ここで書いてもいいのやら?なので書かずにおきます;)
・来週は↑をちょっとかけるとのこと

02.01のテーマ 「冬」
・新曲は予定していたファンキーなもの(Warp?)ではなく
リフもののエイトビートでハードとポップが合体してるとのこと
・ビクターのスタッフ直々にDVD品切れに対するお詫びの挨拶
・ポールウェラーの真似をちょい
・広瀬香美の「ロマンスの神様」のサビを2度も歌う
・ナックの「マイシャローナ」のイントロのリフを弾く
・カーペンターズの「クロストゥーユー」を歌う
・マイケルジャクソンの『スリラー』の最後の収録曲を歌う
(スタッフから拍手!上手い!!)
・AXで初披露した68年のペルファムブルーって言う青と緑の中間色のメタリックの
SGはあまり弾いていなかった赤いファイアーバードを下取りに出して差額を
ちょっと払って入手して音も良いし凄く気に入ってるとのこと
by nonpy13 | 2006-02-22 02:00 | TV&RADIO

ROOTS 66

ROOTS 66 DON'T TRUST OVER 40‐The Additional Party‐
02.07(火)青海 ZEPP TOKYO
出演:宮田和弥,中川敬,田島貴男,斉藤和義,スガシカオ,阿部義晴
    阿部耕作,橘哲也,八熊慎一,奥野真哉,木暮晋也,トータス松本
司会:パパイヤ鈴木

はてなダイアリー - 1966年とは
所々新聞(とことこしんぶん) ROOTS 66の記者会見@明治神宮/01.11
BARKS - 丙午ミュージシャンが厄祓い
トータス松本、スガシカオら66年会結成 - nikkansports.com 芸能ニュース
丙午生まれのミュージシャン、厄をふっとばす不惑のイベント大成功!
by nonpy13 | 2006-02-10 19:00 | UPDATE&NEWS

06.02.07 ROOTS 66@青海ZEPP TOKYO

ROOTS 66 DON'T TRUST OVER 40‐The Additional Party‐
[出演]宮田和弥/中川敬/田島貴男/斉藤和義/スガ シカオ/阿部義晴
阿部耕作/橘哲也/八熊慎一/奥野真哉/木暮晋也/トータス松本
[司会]パパイヤ鈴木

1966年丙午生まれの男性アーティストが集結したイベント。
SEはイーグルス、加山雄三、山本リンダ、スパイダース、フランク・シナトラ等。
司会のパパイヤ鈴木が登場して趣旨を簡単に紹介。

トップバッターは宮田和弥。ジェット機のイベントを数回観たことがあるけれど
本当にパワフル!会場狭しと飛び回りバーを平均台の様にひょいひょいと
バランス良く歩いていたのには吃驚。恒例のダイブもあり。
丙午の歌?→ジュンスカの初期作品→ジェット機の作品

バンドのメンバーは阿部耕作、橘哲也、八熊慎一、奥野真哉、木暮晋也で
曲によって多少変動。八熊慎一はVo.も披露。

2番手は斉藤和義。
盛り上がった後でやりにくいなーを連発。
キーボードを弾きながらのオリジナル→南佳孝の「スローなブギにしてくれ」
阿部義晴がキーボードで参加。

3番手は八熊慎一。
ベースを弾きつつ沢田研二の「おまえがパラダイス」→スパゴーオリジナル?
斉藤和義はギターで引き続き参加。

4番手は阿部義晴。
ユニコーンはリアルでファンだったけどライブは初めて。
ニューアルバムの曲→ユニコーンの「人生は上々だ」「忍者ロック」
センターステージで派手なパフォーマンスをする阿部B。当時が蘇る!
「人生は上々だ」は奥田民生のパートを八熊慎一が担当。

前半終了。
パパイヤ鈴木が再び登場。後半戦開始。

5番手はスガシカオ。
数年前に1度ワンマンを観て以来。
田島貴男を引き連れての登場。2人もアコギ持参。
「オリジナルシカオです。」「スガ貴男です。」
オリジナルの「黄金の月」は田島貴男も歌を披露。上手い!
「変態が多い。」「斉藤和義に田島貴男。」「一番は宮田和弥」
てなMCの後にオリジナルの「イジメテミタイ」声に艶がある!

6番手は中川敬。
独特な雰囲気を放っていた。オリジナルを2曲披露。

7番手は田島貴男。
数年前にスカパラのイベントとワンマンを観て以来。
スガシカオを引き連れての登場。
オジリナルの「接吻」は圧巻!スガVer.も素敵だった!
2曲目はカバーの「恋の片道切符」存在感ありまくり!

最後の登場はトータス松本。
7~8年前に1度ワンマンで観て以来。
エレキギターを掻き鳴らしつつのオリジナルの「サムライソウル」
魂がこもっている歌声に感動してちょっと涙が出そうになった。
次の「バンザイ」の歌声も素晴らしかった!
MCで客の年代を調査。
20代に負けないくらい30代がいてこのイベントならではだなと。
ゴダイゴの「銀河鉄道999」ではミラーボールが滅茶苦茶綺麗だった。
サビの英語のフレーズを歌いつつVo.陣が1人ずつ登場。
宮田和弥はブルーハーツの「リンダリンダ」に替え歌して登場。

パパイヤ鈴木を交えてサザンの「勝手にシンドバット」
大盛り上がり!!!

1966年当時の曲ということで「今日の日はさようなら」
ちょっとしっとり。

アンコール

パパイヤ鈴木が帽子を着用したメンバーを1人ずつ呼び込む。
誰からだったかな?マイケル・ジャクソンのムーンウォークをやり始めて
スガシカオのそれが思いのほか上手だった!
オリジナルの歌い方もそれっぽかったしマイケル好き?
沢田研二の「勝手にしやがれ」で帽子やら色んなものを飛ばしつつ〆。
皆満足げな良い笑顔で退場。

総括。
バンドメンバーがほぼ固定していたのも大きいけどトイレタイムがないくらい
メンバーチェンジの速い事!これ程段取りの良いイベントは初めて。
1人2~3曲というのは少なかったけれど出演者の多いイベントでは
飽きずに楽しめる丁度良さだったと思う。
演る側が楽しそうなものだから客側にも雰囲気が乗り移った
素晴らしいイベントだった!!!

チケット:2階F列1●
位置:2階中央

f0011613_22323145.jpg

f0011613_22325612.jpg

by nonpy13 | 2006-02-08 22:45 | REPORT

「ROOTS66」とは?

1966年生まれ+06.02.07「ROOTS 66 DON'T TRUST OVER 40‐The Additional Party‐」に出演したメンバー

宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))
中川敬(SOUL FLOWER UNION)
田島貴男(ORIGINAL LOVE)
斉藤和義
スガシカオ
阿部義晴(ユニコーン)
阿部耕作(THE COLLECTORS)
橘哲也(SPARKS GO GO)
八熊慎一(SPARKS GO GO)
奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)
木暮晋也
トータス松本
by nonpy13 | 2006-02-07 00:06 |